いっそのこと手帳なしにしようかなあ。

来年用の手帳を買う気でいたけど、ちょっと待てよとカレンダーオンリーにしようかと思いとどまっている。
それは、今年の手帳を見ても思うんだけど、入れた予定がスムーズに進行しているときはともかく、思うようにいかないとそれを受け入れられない自分自身がいることに気がついたときからだった。毎日の生活を楽しくしたり、潤すための手立てや手段のはずの手帳なのに、予定が思うようにいかないと「あーあ今週も今月もうまくいかなかった、ダメだったわぁ」と自己嫌悪に陥ったり暗ーい気持ちになるぐらいなら手帳なんかない方がましだと考えたからだ。やる気ないときなんかまるひと月近くスケジュール欄が真っ白だったりしたこともあり、そんな月の部分を見たときは「今月、やる気ねーなー笑」。
いろいろやることや予定を書き込んで入れることによって「やっぱりこういうときにこういう予定を入れることは無理があるんだな」っていう現状が具体化して目に見えることで、身の丈に適切な予定や計画を立てられる道しるべやきっかけになることはいいんだけど、どうしてもうまくいかない場合を認めたり受け入れることができない。
だったら、いっそのこと来年の手帳なんか買うのをやめて、来年は敢えてシンプルにカレンダーだけにカキコでいこうかなと思っている。何より、カレンダーのいいところは、ひと月ごとが終わるたびに潔くバリッ!と破ることができることでその月の予定ややることがうまくいこうがいくまいが執着がないことがとっても素晴らしい★
今回、そのカレンダーの破くことができる執着のなさの方を生かしたいと思っている私。一日ずつ、あるいは一週間とか十日ごとでも自分で決めたスパンで、終わった日付をひとつずつ×印をつけて、すべてのその月が終わったら潔くビリッ!ていうのがスキ♪その月のカレンダーを破いたとき、リセットされたようなスッキリ感があるし。
そんなこんなで、元々別にどーーうしても来年用の手帳がほしいっていうわけでもないので、シンプルライフの一つとして受け入れるためにも来年はカレンダーに予定カキコで生活をシンプルにスカッと楽しんでいく方向でいる。とりわけ、メインで使うカレンダーはいつでも目についたり確認したり「あっ、そういえばアレもやることあった!」とか思いついたときにいつでもすぐカキコできる環境上キッチンの冷蔵庫に貼り付けておきたいし、このメインカレンダーは絵柄とかかわいさとかは求めない代わりにとにかくカキコできる余白がたくさんあることを求める笑!何せ手帳の代わりになるのでね。
ダンナちゃんがそろそろこの時期になると会社から何本かカレンダーをもらってくる時期でもあるので、ちょっと期待♪そういや実家にいたときのうちのお父さんもそうだったのを思い出すけど、お父さんも年の瀬になると当時勤めていた会社からいろいろカレンダーもらってきて、私や妹は子どもの頃そのカレンダーの絵柄などあれこれを見るのが楽しくて好きだった笑。もちろんシンプルに、日付の文字がやたらでっかくて絵柄がなくて、大安に仏滅、ひのえうまとか、かのえさるだとか、そういう迷信なんかが書いてあるいかにも日本のカレンダーの定番です~!なカレンダーも、お父さんが会社からもらってくるカレンダーの中にあった。会社って何かと毎年カレンダーくれるんだよね笑。助かるけど。
私のダンナちゃんも余白がいっぱいあるシンプルなカレンダーもらってきてくれるといいナ♪続きはこちら>>>>>http://xn--lubren-2y4e1fk4e.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です