モデルさんも食べている!玄米生活はじめてみました

最近テレビやネットでモデルさんが食べていると話題の玄米。
昔から言葉事態は目にすることがありましたが口にする事はなくちょっと気になっていました。

冬になってきて、寒さから外で動くことも少なくなり、ちょっと体系が気になってきました。
もともと食べることが好きで、お米も毎日食べたい系人間なのでお米抜きダイエットはちょっとかんべん願いたいところ・・・
そこで、前々から気になっていた玄米を白米に置き換えてみることにしました。

モデルさんは絶対白米は食べない!玄米が主食!!ということを耳にしていたのでちょっと期待しつつ、
茶色い見た目から白米好きの私としては少々味が心配な不安も抱きつつ挑戦。

炊き方はほぼいっしょです。
お米よりちょい水多めで炊き上げればオッケー。
炊きあがってきた頃のかおりもお米と変わりなく、食欲がそそられました。

炊き上がりはほんのり茶色で炊き込みご飯のような見た目。
こちらも食欲がそそられました。

ですが一番重要なのがお味です。
匂いがよくても見た目がよくても味が悪ければ続けることは絶対無理。

とりあえず一口目はなにもつけずそのまま食べてみることにしました。

食感はお米より固めで歯ごたえがあり、ぷちぷちと張りのある食感。
甘みがあってちょっと香ばしいようなお米とは一味ちがったあじわいでした。

見た目から苦みがありそう、臭みがありそうと想像していましたがそんなことはなく、食べやすくとてもおいしかったです。
しょうじき私は白米よりも好きかも!
歯ごたえがあるので白米よりも満腹感があり、食べごたえがありました。

お鍋の締めや、リゾットにも使ってみましたが独特の歯ごたえは残りどんな料理でも玄米らしさを発揮できそうです。
お米よりも固めなので柔らかいご飯が好きな方は水多めで炊けばいい感じになると思います。

想像以上に美味しく、そして健康にも良い。
この冬と言わず今後食べ続けていこうと思いました。
どうやら玄米にはお米の5倍食物繊維が含まれているそうなので便秘の方には特におすすめかもしれないですね。
気になる方はぜひぜひ一度食べていただきたいです!

会話を楽しむなら、PMKエステ梅田店♪

PMKエステ梅田店は、阪急茶屋町口から徒歩1分。
とても便利な場所にあります♪

関西の店舗だからか、会話がとても面白く、エステに行くだけではなく会話を楽しむエステとして行ってみると楽しいです♪
でも、会話が楽しいからって、技術はどうなの?と思いますよね~!
PMKエステは全店舗スタッフさんの教育がしっかりしているのか、どのスタッフさんに担当してもらってもかなり高いレベルで施術してくれちゃうんです♪

世界一の接客を、をスローガンにしているだけのことがあって、本当、他のエステとの違いをひしひしと感じることが出来ます。

PMKエステは無料のエステ相談や様々なコースの初回トライアルがあるので、とりあえず一度行って様子を見てみたい、という方も大歓迎♪

現に口コミでも、無料相談だけしましたが対応がとても丁寧だったので嬉しくなりました♪とのコメントがあるほどでした。

エステ初心者さんにもオススメのPMKエステ、是非一度無料相談に行ってみては?

小学校の運動会に行ってきました。

先週子供の運動会がありました。
朝は4:30に起きて弁当を作りました。
前日に味付けしておいたから揚げをメインにしました。
卵焼き、ウインナーのソテーなどを作りました。
その他はソラマメのゆでたもの、プチトマトなどで彩りよくするように工夫しました。
前日のうちに場所取りがあったので、見学場所を確保してあったため、朝は7:30くらいまでゆっくりと時間がありました。
それでもお弁当を作ったあとにいつも通り朝ごはんを食べさせると結構ぎりぎりになってしまいました。
子供たちの水筒や簡易椅子など忘れ物がないようにチェックしてから家を出発しました。
駐車場も混んでいましたが無事に会場入りすることができました。
朝、早起きしたため途中の応援の時に少し眠くなってしまいました。
今年は子供たちの徒競走がある学年だったので、とても盛り上がりました。
うちの子供はリレーの選手ではなかったのですが、娘のお友達がリレーに出ていたのでいっぱい応援しました。
下の子供の踊りはまだ低学年で幼い感じでかわいらしいダンスでした。
上の子供は中学年でソーラン節をかっこよく踊っていました。
天気にも恵まれて楽しい運動会になりました。
家に帰ってからコストコに夕食を買いに出かけました。

新生児がミルクを飲んだ後に必ずするしゃっくり!どうにか止める方法はないの??

●ミルクを飲んだ後にしゃっくりが出る仕組みって?
生後すぐのわが子がしゃっくりをしていたので胸を見てみると、しゃっくりの度に胸の厚みが半分ぐらいにへこみ、ビックリしました。
このまま、どうにかなってしまうのでは?とオロオロしたことを思い出します。
新生児はしゃっくりが出やすいものなのだそうです。
まずミルクの飲みすぎ(うちの子はこれかも?)
お腹がいっぱいという信号がうまく出せない時期の赤ちゃんはミルクを飲みすぎることが多いらしく、満腹になった胃袋などが横隔膜を刺激するのだそうです。
ミルクと一緒に空気を飲んでしまってお腹がふくらみ刺激になる。
ゲップがうまく出せなくてしゃっくりが出る。
身体が冷えている、などの理由で横隔膜が刺激を受けしゃっくりになるのだそうです。

●しゃっくりで吐いちゃう事が多い子の対処法!
しゃっくりが出た赤ちゃんの小さな胸が、ペコペコへこむのを見ると可哀そうになりますが、大人程は苦しくないそうです。
落ち着いて首を支えながら縦に抱っこして、ゲップが出やすいように優しく背中をトントンしてみて下さい。
まず、ゲップが出ればファーストステージクリアです。
しゃっくりと一緒に吐いてしまうこともあるので、自分胸のあたりに、タオルをスタイの様にセットしてからゲップをさせていました。
私の場合、寝かせる時は、枕の片側と背中の片側にバスタオルをあてがって、顔と身体が横を向くようにして寝かせていました。
吐いたミルクが逆流すると、気管やのどに詰まってしまいますから、口から外に出る様な角度です。
しゃっくりが止まるまでは、目を離さない方が安心です。

●しゃっくりが出ないようにするには?
身体が冷えるとしゃっくりが出ることもあるらしいので、授乳の前にオムツを換えて、ついでに、お腹のテープの位置もいつもより緩めにとめてから授乳していました。
大人が、食後にウエストのボタンを緩めたくなるのと同じかな?と思って・・。
うちの子の場合は、母乳でしたので量の調整は感覚でするしかありませんでしたが、1~2分早めに切り上げて様子を見ていました。
ミルクの赤ちゃんなら、1割ほど少なめに作ってみるのもいいかもしれません。
次の授乳の時間まで持つようなら足りているという事です。
また、哺乳瓶の角度が浅すぎて、ミルクと空気を一緒に飲んでいないか確認するのも大切です。
祖母は、足の甲にあるツボが、しゃっくりにいいと言いながらさすっていました。
首がすわる頃には、しゃっくりもおさまっていました。

念願の低速圧搾ジューサー♪腸が超喜ぶ!繊維質までおいしく

学生時代からなぜか健康志向の私。 今は沖縄で住んでいて、真夏でも水分は常温でいただきます。
酵素玄米を毎日、ヨガも大好き、40才と言っても誰も信じてくれないほど若くなっています。

そんな私ですが、前からずっっと欲しかった低速圧搾ジューサーを手に入れたんです!
さっそく使いましたがもうこれは一生使い続けると確信した愛用品まちがいありません。

野菜のもつ酵素、繊維は腸が喜ぶことは今では誰もが知る事実。 だけど今の野菜には昔よりも栄養価が低く、
さらに野菜の吸収率は40%とも言われ平均350g必要 なのにこれはもう大変なことです。。。

野菜ジュースを買い続けるのも経済的によろしくなく、調理で工夫をしても加熱で酵素を失いたくなかったんです。
CMで見て、絶対これだ! と思い続けて3年。 日本製の16000円台での圧搾ジューサーが出ました!
買わない理由はありません。 これで一生病院にもいかなくていいかもしれません。
この商品のすばらしさをぜひ感じていただきたいのです。

ミカン2個、人参1本! これだけ!
人参はカレーで使用するサイズに切るだけ。 みかんは食べるときの状態のままポイポイ投入。
低速だから泡立ちせず、空気も混ざらないのでコップ内で液体が2層にわかれないんです。
高速ジューサーの常識が覆るのも時間の問題かとおもいますよ。

とにかく美味しい! 甘い! 人参の本当の味。 身体が喜んでいるのがわかるんですよね。
一気に流し込まず、やはり唾液酵素での分解が必要なので、噛むようにおいしく味わうのが私流。
だって、普通人間はこんなに一気に酵素が胃に届かないでしょ? 唾液も立派な消化酵素のひとつなのですから。

おいしく味わったあと、絞り出た繊維質。 これはヨーグルトにまぜていただくんですよ!
乳酸菌が喜ぶオリゴ糖をかけて、繊維たっぷりの乳酸菌プレーンヨーグルト♪
腸の超ごちそうだと思います♪ 腸がキレイはお肌もキレイ。 脳と密接な繋がりのある腸さんにも本当感謝です。

友人に提供しても大絶賛。 美味しくない訳がないんです。
大人数で作る際に出る絞り繊維はなんと! 醤油やみりん、鰹節などをまぜて軽く炒めてあげると
繊維満点のふりかけにもなるし、煮詰めて佃煮的なものにもなっちゃいます。

皮を剥いて調理、煮込んで酵素を壊して。 こんな今までの野菜がすべていただくことができちゃうんですよ!?
とても素晴らしい時代に生きられていることすらにも感謝感謝で大空に羽ばたきそうな勢い♪

動画でも「 低速圧搾ジューサー 」で検索するとその効率の良さがよくわかります。
高速ジューサーと比較した動画もありますが、ブドウだと半分の量なのに、倍の速さでジュースが完成するのが圧搾式です。

驚きと新発見の連続、そして毎日腸が喜びカラダも若々しくいられる。
車で言うなら、超高性能のエンジン(ジューサー&身体)に最高質の燃料(ジュース&繊維)を使っているのと同じかも!?
あとはセルフケアで運動を続けて楽しく生きられる、こんなすばらしい商品は今まで無かったです。

農家さんにも感謝♪ このおいしい野菜を育んでくれる地球にも大感謝ができます♪
ありがとうございます。

アタじいちゃんに耳を澄ませ、心を添わせて。

どんだけこの世には美しい音楽があふれているんだろう。。。と、音楽に触れて深~~く感動するたびに思っているけど、今日も改めて気持ちの上では私のじいちゃんでもあるアタワルパ・ユパンキの『ペルスカルドーソへの祈り』にじっと耳を澄ませながらその美しさに再度胸を打たれている。
このカルドーソ氏の名前はアタじいちゃんの曲の関係で何度も聞いて知っていたけど、氏の人となりや、どんなことをした人なのかは恥ずかしながら今日までよく知らなくて今日カルドーソ氏についてのプロフィールなんかを初めて知った。アタじいちゃんがこれほどまでに深い想いを込めての祈りの曲にまでしたカルドーソとはいったいどんな人だったのか、遅ればせながらでも自ずと知りたくなったのだった。
カルドーソは大好きなパラグアイで言葉も失うほどにかくも美しいあのアルパ奏者でしかもアルパの父とまですら称されるお人だったのねと、一人で感心!そりゃあアタじいちゃんもさぞ想い入れが深いことだろうよと納得の上、アタじいちゃんのカルドーソへの祈りの曲を聴いて、さらにパラグアイの伝統曲でもあるカルドーソの鐘つき鳥ももう一度聴いた。
アタじいちゃんやカルドーソの音楽に限らず、私ごときの拙い言葉なんかじゃとても表現し切れないというよりか、もうただただ言葉も失うような輝きのカタマリみたいな存在の素晴らしい~~美しさをパワフルに放つ音楽に出逢うと、世界は何て美しいんだろうと鳥肌が立つばかりだ。そういう音楽に限って、ただ単に耳に心地よくてきれいとかいい気持ちになるっていうだけのサラサラ~ッとしたような表面的な次元にとどまらず、いやおうなしにその音楽に孕まれたいのちのエネルギーに充電されるように満たされていくというか、力強さに裏打ちされた芯のある美しさに満ち満ちている共通点があるように思う。聴いているとき、その音楽と自分のハートとの間が一種のパワースポットみたいになるような感じ。
こんな奇跡的なエネルギーで、聴く人のことを丸ごと抱擁したり介抱したり、もう一つの方の解放をしたり、癒したり、唸らせたり、言葉を失わせたりしながら、ものすっごく深いレベルでコミュニケーションするってただただ素敵すぎて幸せすぎてそれまであった悩みのことなんかもはやどうでもよくなって、聴きながらもう何もいらなくなる次元に至ることが多々ある。
今夜も音楽万歳だ。。。!!

ちょっとした怪我から学んだ知識

主婦になって、初めの一年は料理中のトラブルが絶えませんでした。包丁で指をちょこっと切ってしまったり、油が跳ねたりと絵に描いたようなドジっぷりでしたが、それも数年経つと徐々になくなり、ここしばらくは痛いこととは無縁の快適に料理をしていました。主婦として成長したのね、なんてちょっと偉そうに思っていました。
そんな慢心がいけなかったのでしょう。その日は朝から不注意で、ゴミを出し忘れたり食器を落としたりとトラブル続きでした。風邪気味だったのか、頭がぼうっとした感じが抜けていないまま料理をした結果・・・。親指を怪我してしまいました。消毒液をかけようと慌てて救急箱を覗くと、なんと、使用期限がとうに過ぎているではありませんか。困りました。しかし、家族のごはんは私がつくらねばなりません。そこで、怪我をしていない手でスマートフォンを操作して検索すると、怪我をしたところを流水で流し、しっかり5分ほど止血してから絆創膏などでギュッとすると良いと書かれていました。消毒液は使わなくてもオーケーなのだそうです。思わぬとことで賢くなりました。
流水で洗った感想を言います。痛いです。いい歳をして、思わず叫びました。もし小さな子どもだったら、大変な騒ぎになるんじゃないかという痛さでした。私は一分と持たず、無理と叫びました。ただ流水で流したおかげか、傷口がどうなっているのか見てわかったのでその後しっかり処置出来たので、洗ってよかったです。叫んでおいてなんですが、傷はそんなに大したことありませんでした。恥ずかしい。
そういえば、夫は怪我をすると患部を水で洗って放置していました。あまりにも無頓着なので、ちゃんと消毒液つけてよと思っていたのですが、案外理にかなっているのかもしれません。とはいえ、ずっと怪我をすれば消毒液で育ってきた温室の私ですから、仕事帰りの夫に新しい消毒液を買ってきてもらうようお願いしたのでした。やっぱり、ちゃんと消毒しないと心配です。
ちなみに、血が苦手な夫は処置に使ったティッシュを見て、私以上に騒いでいました。血は、鼻血しか受け付けないそうです。面白い人です。

人の気持ちがわかる人になって欲しい

今日、小学一年生の息子の学校で三者面談がありました。先生と直接お話させていただくのはこれが初めての機会でしたので、正直とても緊張していました。前日までに夫と、普段、彼の学校の事で聞きたいことや知りたいことを話し合って、リストにしておきました。

学校のでの息子の様子は、先生からもらう連絡帳や、彼自身から聞き出す断片的な内容でしかわからないので、実際、彼がどんな風に学校で過ごしているのかが気になる毎日でした。男の子から学校の様子を聞き出すことがこんなに難しいことなのかと痛感する日々でしたので、今日のような機会は私たちにとっては本当にありがたいものでした。

息子の学校へは徒歩で5分程度のところでしたが、気が着いた時にはもう出なくてはいけない時間。少し余裕を持ってなんて思っていたのに、結局、いつも通りバタバタと支度をして、息子の急がせつつ家を出ました。外はもうすっかり秋。昨日までまだ赤や黄色の葉を付けていた木はほとんど葉が落ちてしまっていました。季節の移り変わりに気がつかないほど追われた毎日を過ごしていることを急に実感しました。

学校に着き、急ぎ足で息子の教室へと向かいました。今日の息子はマスクをしていました。この一ヶ月ほど立て続けに溶連菌を発症し、これで3度目。薬を飲んではいましたが、咳が出始めたので念のためにマスクをさせていました。

教室に着いた時には面談の時間ぴったりでしたが、前の生徒と保護者の面談が少し長引いたため、息と気持ちを整える時間を持つことができました。もう一度、夫と話をした内容を頭の中で整理していると、私たちが呼ばれました。

先生は最初お会いした印象そのままの方でした。彼女は淡々と息子の現時点での成績の事や、学校側からのお知らせなどをお話くださいました。彼の成績は思っていた通りの結果でしたので別に驚く事はありませんでしたが、学校や先生が今の子供達に何を求めているのだろうかという疑問を持ちつつ、家に帰ってきました。

勉強はもちろん大切なのはわかっていますが、それ以外に彼が人として評価できる点がたくさんある事が何よりも大切なのではと改めて思いました。彼の先生曰く、彼はクラスでも誰にでもフレンドリーで明るくおしゃべりで、他の子が困っていたらすぐに気にかけることができるようなので、その彼の人としての魅力と成長が嬉しいと感じられる1日になりました。