向こうの海から、海の向こうまで~5年前のメール~

最近、5年前にシンガポールへ働きに行ってしまった女の子から届いていたメールを開く機会がありました。
以前利用していた古いアカウントだった事もあり、記憶の彼方に消えてしまっていたものでしたが、ふと思い出したのがきっかけです。

大学時代の友達だったある人をメグミさんとします。彼女はバイセクシャルな性格だったこともあり、同性の女友達が1人もいませんでした。
昔の写真か何かがきっかけで噂が広まってしまって、おそらくそうなってしまったんだと思います。

でも、僕はメグミさんの明るくて優しい性格が好きで、よく一緒に勉強したり、遊んだりしていました。
それは大学卒業後も続いていたんです。

そんなある日、彼女から何故あなたはこんな私を差別しなかったの?と突然聞かれました。
僕は迷わずに、メグミさんは楽しいし明るい。周りがどう思っていようが、僕はメグミさんの性格が好きだよ、と答えていました。それは本心だったので。

メグミさんは嬉しそうな顔と涙声で、ありがとう、と言いました。
僕も貰い泣きをしそうになったことを覚えています。

そして、彼女は音沙汰もなくシンガポールへ新しい人生の船出をしました。
シンガポールに到着後に、僕に電話が来て、こっちでいい人を見つけて永住するつもりだと、明るく話してくれました。
その直後に、メグミさんは僕に冒頭のメールを送ってくれていたんです。
そこにはこう書いてありました。

「私は本当はバイセクシャルじゃないんだ。昔、恋人に望まない妊娠をさせられてしまって、子供をおろしてしまったの。
だから私は自分が女であることをずっと否定してきた、ずっと苦しかった。君がそんな私を女と受け入れてくれたこと、何処にいても忘れないよ。
本当にありがとう。」

と書かれていました。

メールに慌てて返信をしようと書きましたが、そこへの彼女からの返信の期待はしていません。
多分、海の向こうで彼女は幸せな毎日を過ごしていると思うのです。引用:http://xn--luminapeel-r94i4d5f3gd5y.xyz/

もうすぐやって来る 初めての運動会

日曜日、デパートで子供向けの走り方教がありました。
デパートの中に、よくミニライブやショーなどのイベントが催されるホールがあるのですが、そこでスポーツ用品メーカー主催による走り方教室が行われたのです。

この春小学生になった娘は、これまでかけっこでは一番をとっていましたので、足が速いものだと思い込んでいました。
ところが学校の体育の授業で、実は速くないことが判明。
娘本人も、自分で足が速いと思っていましたのでショックを受けていました。

もうすぐ運動会がやって来ます。
走る練習をしよう、と娘と頑張る決意を固めました。
なんとかビリはまぬがれたい、母と娘の気持ちは一緒です。

慌ててインターネットで速く走るコツなどを調べ、家の前や公園などで練習をしたのですが、クラスでのリレー選手決めには間に合わず、残念ながら選ばれませんでした。
しかし、運動会では徒競走があります。
リレーに比べ、横一列に並びよーいドンでただまっすぐに走るだけの徒競走の方が、着順は明らかになります。
小学生になって初めての運動会、できることなら一等賞を・・
そんな思いでいた時に、たまたま行ったデパートで走り方教室のポスターを発見。
娘と張り切って行ってきました。

小さなホールに小学1年生~6年生までの40人くらいが集まり、スポーツ用品店のお兄さんの指導のもとみんな楽しく参加していました。
私はというと、大事なことを見逃すまい、聞き逃すまいと、指導してくれるお兄さんを必死で追い、ビデオ撮影をしていました。
イベントは40分ほどで終了しましたが、大事なことは3つ!

体はまっすぐ正しい姿勢で
手は軽く握り、肘を伸ばさずしっかり振る
膝を上げる

昔は、速く走るには、姿勢は前のめりになって手はパーだと教わったと思うのですが、今は違うのですね。

家に帰ってきてからも、娘と走る練習をしました。

正しい姿勢になっていないよ、肘が伸びてるよ、と口で言っても本人はわからないようだったので、今度は娘の走る姿をビデオに撮り、二人でチェックをしながら練習しました。

運動会まであと少し。走り方教室のお兄さんの指導を思い出し、練習を積んで、徒競走に臨もうね!PR:二重になるには